MORE INFO

具体的な仕事内容

建築物を「快適な建物」として完成させるために必要不可欠な
保温・保冷工事やグラスウールダクト工事など
あらゆる設備工事を担っています。

基本的には建築物が完成する間際の「最終調整」のイメージに近く、
大型工事の後半からが私たちの腕の見せ所になってきます。

▼材料の搬入
基本的に一人で持てる大きさ・重さの材料がほとんど。
特に断熱材はスポンジのように軽いので、
力仕事は基本的にありません。

▼施工
天井の中に通っている配管に、材料を貼り付けていきます。
断熱材を大きなハサミで切ったりする工程はありますが
危険を伴う作業はありません。

▼片付け・掃除
余った材料や道具などを回収します。